アートのじかん

脳が喜ぶ!心が笑う!アートの時間

今までの「絵の描き方」「立体のつくり方」にとらわれない、自由で楽しいアートプログラム。

造形とお絵描きを中心とし、多種多様な画材を使用します。

臨床美術とは?

臨床美術(クリニカルアート)とは、絵やオブジェなどの作品を楽しみながらつくることによって脳を活性化させ、認知症の症状を改善するために開発されました。作品をつくる際は、単に「見る」だけでなく、触ったり、匂いを嗅いだり、味わったり、音楽を聴いたりしながら手を動かすことで、全身の感覚を刺激します。

《五感への刺激》と《リラックスできるコミュニケーション》によって、「脳」が活性化。感性の目覚めや回復、心が解放されることはもちろん、生きる意欲や潜在能力を引き出すことにも効果があると言われています。

※「臨床美術」および「臨床美術士」は、日本における(株)芸術造形研究所の登録商標です。

特長

  1. 芸術家が使うものと同じ『本物の画材』を使って創作します。
  2. 自尊心を育む
  3. 脳が活性化

料金

1回 90分 3,300円

ご予約・お問合せはこちら


このページをシェア

こんなこともやってるよ

SNSアカウント

フォロー・友だち追加・チャンネル登録
よろしくお願いします!!